news

「アマゾン」書評で投稿者の情報開示命じる判決 | NHKニュース


インターネット通販大手の「アマゾン」のサイトに投稿された本の書評を巡る裁判で、東京地方裁判所が、著者側の名誉を傷つけるものだとしてアマゾンの日本法人に投稿者の名前などの情報を開示するよう命じていたことが分かりました。

情報源: 「アマゾン」書評で投稿者の情報開示命じる判決 | NHKニュース

インターネット通販大手「アマゾン」のサイトに購入者が投稿した商品評価(レビュー)の内容を巡って東京地裁で係争中だった名誉毀損(きそん)訴訟で、被告のアマゾン側が、サイトの運営主体が日本法人「アマゾンジャパン」だと認めていたことが11日、分かった。

情報源: アマゾン、サイト運営主体は日本法人と認める – 社会 : 日刊スポーツ

それなりに大きな判決だと思うのでクリップ。
「Amazonの書評について、アマゾンジャパンに開示請求が出せる」ということと「Amazon.co.jp の運営主体がアマゾンジャパン」だということの2点は色々と影響が出そう。

あと、このニュースをみて、bk1のことを少し思い出したりしました。

コメントを残す

*